うつ病の原因とは?

私たちは常にストレスにさらされています。多くの人はストレスに対して、うまく気分転換を図ったり、対処をしたり、成功体験をしてストレスを感じにくくしています。
ところがこうしたことがうまくできない、また時には病気などをきっかけにして、それがうつ病へとなってしまうことがあります。うつ病患者も増加しており、身近な問題にもなっています。
ここではうつ病についてやその治療薬のレメロンについて見ていきましょう。

うつ病にどうしてなるのか


うつ病も昔はノイローゼなどと誤解されていたり、正しく認知もされていませんでした。
しかし、うつ病による自殺者が出たり、パワハラの認知が広がることで、うつ病の認知も広がりました。ブラック企業によるうつ病も社会問題となっています。

でもそもそもなぜうつ病になるのでしょうか。うつ病は心の病気といわれていましたが、実際には脳内の伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの量が減ってしまった、または正しく機能しないことでおきる脳の病気なのです。心の風邪なんて言い方もされるのですが、これら脳内の物質や神経伝達の部分をどう治療するかが鍵となってくるのです。

セロトニンやノルアドレナリンが正しく機能しない、不足するのはいろいろな要因があります。やはりよく言われるように人間関係でのストレスで、うつな気分からうつ病へとなってしまいます。
あと実は栄養不足から自律神経失調症へとなり、それからうつ病へとなるケースもあります。他にも怪我や病気から自律神経失調症を起こし、そこからうつ病へとなったりもするのです。

レメロンを使う人も増えている

レメロンを使用する人
こうしたうつ病になってしまった場合、治療としては抗うつ剤を飲むこととなります。その種類も第1世代から第4世代と分かれています。
レメロンは第4世代の薬とされています。

レメロンの効果としてはセロトニンやノルアドレナリンの量を増やすことにあります。セロトニンはうつな気持ちや不安の緩和に役立つ物質です。またノルアドレナリンは、やる気などの低下を防ぐ効果もあります。
これらが働かない、量が不足することでうつ病へとなるので、これらに作用することに特化して働きかけているのです。

その効果も実は他の世代の抗うつ剤よりも早く出るようで、人によっては飲み始めてから2日ほどで気持ちの変化を感じ取ったなんてこともあるのです。
また睡眠障害が起こりやすいうつ病ですが、飲んでからその日から眠気が来るようになったり、眠りも深くなったなんて声もあります。これはアドレナリンの覚醒効果は逆に抑え、ノルアドレナリンのリラックス効果をアップさせたので、眠りが改善させたのです。

うつ病患者はもちろんですが、睡眠障害がある人にもここ何年かでレメロンは、よく飲まれるようになっているのです。

副作用はあるものだと考えておこう

抗うつ剤は、その治療に時間もかかる一方で副作用も出やすいとされてきました。食欲減退や性欲減退、吐き気や頭痛などが起こりやすいです。もちろん抗うつ剤に慣れれば出なくなりますが、慣れることができなくて薬を変えることもよくある話です。

レメロンではこうした一般的な副作用は出にくくなっているのが大きなメリットです。それもあって人気も出てきています。しかし、先の副作用の他に太りやすくなる、過食になりやすい、眠気がひどくなるもいった副作用はあるのです。

うつ病の原因やレメロンについて見てしました。ぜひうつ病のときには医師と相談しながら、レメロンの使用を前向きに検討してみてください。

レメロンの半減期についてご存知ですか?
レメロン錠の海外通販・個人輸入ならいろはウェブショップ
「http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/remeron.html」